« がらりでランチ | トップページ | ベジパラダイスでランチ »

1904ディズ ヌフ ソン キャトルのケーキ

ランチ食べ歩き「東京最高のランチ」。最近よく食べているケーキ、そんなわけでパティスリーのネタ、中目黒と池尻大橋の間にある1904ディズ ヌフ ソン キャトルの話です。

応援よろしく!  人気レストランランキング

  • パティスリー1904(ディズヌフソンキャトル)
  • 東京都目黒区東山2-5-8
  • 03-3792-1904
  • 火曜日
  • 10:00~19:00
  • 1904って変わった名前ですが、それはこのお店のコンセプトはが、アルチザン(職人)とインダストリアル(工業生産)の融合で、1904年以降、日本では手仕事から産業が急速に近代化したことから店名になっているそうです。

    1904ディズヌフソンキャトルのお菓子造りの基本は、この味ゆえに産まれてくる形を大切にしていく事なんだそうです。職人の経験と感覚に、工業製品の無駄を削ったシャープな機能美をプラスしたという感じでしょうか。

    お店の内装は…どうなんでしょう。オシャレなようなそうでないような…。外観を見たときはいいかな?って思ったのですが、アンティークとか、錆びた感じとか色使いとか、ケーキ屋っぽくなくていいんだけど、なんかパッとしない気がします。個人的感想ですが。

    商品は焼き菓子が多いですね。もしかしたら力を入れている気もしますが、食べたのは生菓子のみ。シシル430円とマルジョレーヌ430円。

    シシルはピスタチオのクリームにピスタチオのジェノワーズ。そして薄く挟んであるフランボワーズソースの酸味がぴったり合ったケーキ。濃厚ですが、酸味が味わいをシャープにしています。

    マルジョレーヌは、フランスの名料理人だったフェルナンポアンさんが作ったケーキ。オーナーである松野シェフのスペシャリテみたいです。

    ナッツのサクっとした生地にガナッシュやアーモンクリームを重ねて層にしています。上にドーム状のショコラクリームがのっていて、見た目もかわいい。一口食べるとボソッとしていて?って感じだったのですが、ショコラクリームと一緒に食べると食感も味もとってもいい美味しいケーキだとわかりました。

    1904はヴィエノワズリーなども色々とあります。今回は2種類食べたのみなので、なんとも言えませんが、結構良いパティスリーなのでは?(この2種類だけではすごく好きとはいいがたい)ケーキのパッケージなどがかっこいいのも好きです。

    また近いうちに行くだろうお店です。

    ★ランキングに参加しています。1日1クリックしてくれるとうれしいです

    人気レストランランキング

    |

    « がらりでランチ | トップページ | ベジパラダイスでランチ »

    スイーツ」カテゴリの記事

    コメント

    はじめまして

    フェルナンポアンさんフュマルおばさんエスコフェの時代ですよね?たしか辻静雄が生前のブアツイ本で読んだことあります。

    こちらの地方はメゾン・ラブレのスウィ―ツが人気ですがアルファの人気の栗を今度賞味したいと思ってます。

    広島 おかし

    投稿: 店名の由来がよい | 2008年10月 4日 (土) 03時13分

    chocolatiが機能するの?

    投稿: BlogPetのtea | 2008年6月 1日 (日) 08時38分

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/180691/21312861

    この記事へのトラックバック一覧です: 1904ディズ ヌフ ソン キャトルのケーキ:

    « がらりでランチ | トップページ | ベジパラダイスでランチ »