« 小樽ビール | トップページ | 天野屋で甘酒 »

ワールドバリスタチャンピオンシップ2007決勝

バリスタの世界一を決める大会であるワールドバリスタチャンピオンシップ(WBC)が、今年は日本で行われるということで、本日行って来ました。

応援よろしく!  人気レストランランキング

3日間にわたる大会で、7月31日と8月1日が予選で、今日が決勝戦でした。思ったよりもずっと混雑していて、バリスタって人気があるんだなぁと思いながら見物してきました。

ワールドバリスタチャンピオンシップは、今年で8年目。最初は小さな大会だったようですが、年を追うごとに注目度が高まり今年は50カ国近くの国々から、バリスタが集まったそうです。

そして、アジアで開催されるのは初めてのことです。トップレベルのバリスタ達の技を見れる機会なんてもうないかもしれないので貴重な体験でした。

決勝戦に残ったバリスタは6人。日本代表の宮前みゆきさんもしっかり決勝に残っていました。

宮前みゆきさんは、今年のジャパンバリスタチャンピオンシップの優勝者で、UCCの方です。

日本の他は、アメリカ、スイス、ニュージーランド、イギリス、ブラジルの代表の方が決勝に残っていました。決勝に残った6人のうち、4人が女性でした。女性強し。

競技の内容は、エスプレッソ、カプチーノ、シグネチャードリンクを15分以内に4人の審査員に提供するというもの。ただ技術力が見られるだけではなく、プレゼン力も評価の対象になります。もちろん味わいが一番大切です。

シグネチャードリンクとは、各バリスタが考えたオリジナルのエスプレッソドリンクのことで、これが競技を見ている中で一番楽しい部分ですね。各バリスタの個性やセンスが見えます。

宮前みゆきさんは、二番手での登場でした。とっても優しい印象をうけるプレゼンでしたね。動きが丁寧で、落ち着きのあります。

そして、なんといってもデザインカプチーノが上手い。ハートとロゼッタ模様を描いてましたけど、本当にきれい。作ったカプチーノ4つとも完璧な見た目でしたね。

宮前みゆきさんのシグネチャードリンクは、和の心をカフェで表現した「一期一会」というドリンク。エスプレッソを抹茶のように茶せんで泡立てて作ります。審査員へのサーブも和の茶器を使ってました。なかなか面白かったです。

面白かったと言えば、ニュージーランド代表のバリスタのシグネチャードリンクは変わってましたね。

カフェが入っているグラスにチューブが付いていて、そのチューブから窒素をグラスに送っているんです。良くわからないけど、香りが引き立つのかな?

プレゼンが印象的だったのは、アメリカ代表の女性の方。15分しか制限時間がないのに、最初の3分間、審査員の前で自分が作るカフェの説明をしてました。

時間内に終わるのかなぁとハラハラしてみてましたけど、本当に15分ジャストで終わってました。(15分を超えると減点で、16分を過ぎると失格)他のバリスタはある程度時間に余裕がある感じでしたけど、この方はすごかったね。残り時間が少なくなっても焦らずに、きちんと説明とかしてたのが、また凄かった…。

最後に競技したブラジル代表の女性の方は、とっても緊張しているようで、カプチーノを審査員にサーブする時なんて、手が震えてました。溢れるんじゃないかと、これまたドキドキしながら見てました。そりゃ緊張するよね。

さてさて、結果なんですが、優勝はイギリス代表のバリスタの方でした。(全く説明してないね…)2位がアメリカ、3位がニュージーランド、宮前みゆきさんは4位。

5位がスイスで6位がブラジルという結果でした。

宮前さんの4位は大健闘なのではないでしょうか。宮前みゆきさんは、カプチーノが上手いだけあって、ベストカプチーノ賞にも選ばれてました。

2005年のワールドバリスタチャンピオンシップでは、門脇さんが2位になってますし、日本のバリスタのレベルは上がってきているんですね。

UCCも宮前効果で売り上げとか上がったりしてないのかな。UCCは幻のコーヒーと呼ばれ、コーヒーの原種に近い「ブルボンポワントゥ」を復活させたりと、最近凄いですよね。

来年は誰が優勝するのかな。今から楽しみです。

★ランキングに参加しています。1日1クリックしてくれるとうれしいです

人気レストランランキング

|

« 小樽ビール | トップページ | 天野屋で甘酒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/180691/7401880

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドバリスタチャンピオンシップ2007決勝:

« 小樽ビール | トップページ | 天野屋で甘酒 »