« カフェ・ユーズでコーヒー | トップページ | 赤坂 涵梅舫でランチ »

赤坂青野で和菓子

ランチ食べ歩き「東京最高のランチ」。赤坂の人気和菓子屋「赤坂青野」に行って来ました。

応援よろしく!  人気レストランランキング

  • 赤坂青野 (あかさかあおの) 
  • 港区赤坂7-11-9   
  • 03-3585-0002 
  • 日曜日休み
  • [月~金] 9:00~21:00 [土] 9:00~18:00 [日・祝] 9:00~17:30 
  • http://www.akasaka-aono.com/
  • 人気の「ごま名月」は早く行かないと売り切れちゃうんですよね。

    僕のお目当ては「ごま名月」ではなくて、赤坂青野の看板商品である「赤坂もち」です。

    創業100年の歴史あるお店ですが、そんなに風格があるお店ではなくて(本店ではないからかな?)、普通の和菓子屋さんといった感じです。混雑って程ではないですけど、いつ行ってもお客さんはいます。

    購入した和菓子を一応お店でいただけますが、あんまり落ち着けそうな雰囲気ではないですね。和菓子を買う人たちの前では落ち着いて食べれない気がします。

    購入したのは「赤坂もち」360円、「一つぶ」200円に、売ってたので「ごま名月」189円。

    「赤坂もち」は味甚粉(もち米)の柔らかい餅にきな粉をまぶしたもの。信玄餅みたいなものですけど、「赤坂もち」は黒蜜をかけずにそのまま食べます。もちには、すでに水あめや黒糖で甘味がしっかりついているので、黒蜜がなくても充分甘いです。

    小さな胡桃の粒も入っています。きな粉は大豆の風味豊かで甘さはなし。とっても柔らかい餅で、結構伸びます。良い食感です。

    小さく切って(もともと小さいけど)、袋の上にきな粉を広げてまぶして食べるようです。1個では足りないですね。

    「一つぶ」も赤坂青野さんの看板商品の一つ。蜜でじっくり煮詰めた栗を丸ごと、白餡で包み焼き上げた栗饅頭。良くありますよね。その元祖かな。

    「ごま名月」は前に行った時は売り切れていたのですが、今日は「草ダンゴ」の方が売り切れていました。たぶん、テレビにも出た「ごま名月」は相当たくさん作ってはいるんだと思います。

    「ごま名月」はみたらしダンゴの上に栗が乗っています。胡麻も少し入っています。二つの食感が楽しめるのは良いですけど、特別な味ではないとは思います。おいしいですけど、もっとおいしいみたらし団子は他にもあるのでは?

    どの和菓子もおいしいと思います。目指して行く必要はないとは思いますけど、近くに行ったら買いたいお菓子ですね。今回食べてないですけど、豆大福もおいしい。

    人気のお店で売り切れになるのが当たり前なのか、商品の前には小さな商品名が書かれたものがあって、ひっくり返すだけで売り切れの表示になります。いつ行ってもなにかしらは売り切れてる気がする…。

    「赤坂もち」は5個くらいまとめて食べたいですね。

    ★ランキングに参加しています。1日1クリックしてくれるとうれしいです

    人気レストランランキング

    |

    « カフェ・ユーズでコーヒー | トップページ | 赤坂 涵梅舫でランチ »

    甘味 日本茶」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/180691/6522221

    この記事へのトラックバック一覧です: 赤坂青野で和菓子:

    « カフェ・ユーズでコーヒー | トップページ | 赤坂 涵梅舫でランチ »