« 南翔饅頭店 | トップページ | ビストロ ド ラ シテでランチ »

バル・デ・エスパーニャ・ペロでランチ

ランチ食べ歩き「東京最高のランチ」、銀座のスペインバル、「BAR deESPANA PERO」でランチしました。

応援よろしく!  人気レストランランキング

  • バル・デ・エスパーニャ・ペロ (BAR de ESPANA Pero) 
  • 中央区銀座6-3-12   
  • 03-5537-6091 
  • 無休 
  • [月~木] 17:30~翌2:00(L.O) [金] 17:30~翌3:00(L.O) [土] 確認せず[日・祝] 12:00~21:00(L.O) 

  • 生ハムがおいしいそうなので、一度食べてみたいと思っていました。

    ランチやってるのは日曜だけです。

    店内は気軽なバルの雰囲気そのまま。
    気の合う仲間と食事すると楽しそうです。

    天井には生ハムが吊るしてあります。
    乾燥させているようです。少しづつ脂がたれてくるそうです。

    「ランチセット」1200円と「ハモン・イベリコ・ベジョーダ」1600円を注文する。
    ランチより生ハムの方が高いけど、仕方ないか。

    「ランチセット」はサラダ、スープ、炊き込みご飯のセットです。
    +300円でデザートがつけれます。

    スペイン料理を食べにきて、炊き込みご飯かぁとも思ったけど、
    パエリアみたいなものかもとちょっと期待したのが間違いでした。

    「あさり」or「スペアリブ・チョリソー」のどちらかを選ぶのですが、
    スペアリブ・チョリソーを選択。
    チキンライスのような色で、トマト味です。

    スパイスの味と赤ピーマンの青臭さが強く感じます。
    米は日本の米ではなく、一粒一粒がしっかり分かれていて、
    芯が少し残るくらいの火の通し方です。

    アイオリソース(ニンニクマヨネーズ)がついてくるのですが、
    これはご飯とよく合っておいしい。

    このランチは1200円という値段を考えると、こんなもんかなというレベル。
    パエリアは安いものでも一人前2500円くらい。
    2名様からなので、実際は5000円以上!
    きっとこの炊き込みご飯とは全然違うんだろうな。

    「ハモン・イベリコ・ベジョーダ」は本当においしい。感動です。
    すごく高いけどハーフがあってよかった。

    ハーフなので量はほんの少しですが、充分満足できます。
    これはどんぐりを餌として与えて育てた黒豚の生ハムです。

    常温で提供されるのですが、脂が光ってます。
    脂はコクがあり、とろける舌触り。甘味が広がる。

    赤みの部分は少し固く、噛みしめていくと、
    本当にナッツのような風味が感じられます。

    複雑で味わい深い旨味には驚かされます。
    ワインのつまみにはぴったりです。(お昼なので飲んでませんが)

    イタリアのパルマ・プロシュートもおいしいけど、
    個人的にはこっちの方が好きです。

    1000円以下のタパスも豊富なので、酒飲みには、
    いいお店だと思います。

    料理の値段の差が激しすぎるのはちょっと怖いですが、
    ランチに来るよりは夜来たいお店です。

    ちょっと納得いかなかったのが、接客。
    雑だし笑顔がないし、気配りがないしで、ホントに無愛想。
    結構高い料理おいてるんだから、もうちょっと考えてほしいなぁ。

    ★ランキングに参加しています。1日1クリックしてくれるとうれしいです

    人気レストランランキング

    |

    « 南翔饅頭店 | トップページ | ビストロ ド ラ シテでランチ »

    スペイン」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/180691/4358242

    この記事へのトラックバック一覧です: バル・デ・エスパーニャ・ペロでランチ:

    « 南翔饅頭店 | トップページ | ビストロ ド ラ シテでランチ »